京都の夏について言いたいこと

京都の夏について言いたいことがいくつかかあります。
まずは、晴れの日と雨の日の体感温度の差。
京都は、晴れの日はとことん暑いですが、雨の日は若干寒いのです。この体感温度の差のせいで、体調を崩しそうになります。まあでもこればっかりはどうしようもないので、服装を調節するなどして対策するほかないのですが。服装調節が面倒なんですよねえ。
次に、晴れの日や曇りの日は、非常にべたつく暑さといいますか、汗が止まらないような暑さなのです。さすがに沖縄県に行ったときほどではないですが、それでも、南国の暑さのような暑さになります。さすがは盆地、熱が溜まるのでしょうか。非常に愉快ではない暑さだと思いますね。
京都に移住してきて二年経ちましたが未だに京都の暑さには慣れません。やはり、生まれ育った場所が盆地とは無縁の場所だったからでしょうか。多分、これから一生住んでいても慣れない気がします。生まれたころから京都に住んでいる人は特別気にはしていないようですがね。www.planetnewsinfo.com